綿ふとん無料引取り

コットンリサイクルプロジェクト

自社製綿工場をもつ当店が環境のためにできること

 

【ふとんは「捨てる」から「活かす」へ】

 ふとんは需要の変化により、中身の素材も綿から羽毛や羊毛などへ変わり、今まで使われてきた綿ふとんは粗大ごみとして処分される事が多くなりました。しかし、粗大ごみとして廃棄されてしまう綿ふとんの中には、中身が上質で再生可能なものが多くあります。そのわたに原綿を混綿し製綿機で再生させることで、ふとんわたとしてよみがえらせることができます。

再生したふとんわたは座布団用などに再利用させて頂きます。

 

(例えば)

・結婚の際にドンスのふとんを用意してくれたけど、押入れに入ったまま全然使っていない

・綿ふとんが重く扱いにくくなってしまった  

など 

【お願い】

・無料回収させて頂くふとんは、打ち直しなどをされていない中身のわたの状態の良いものに限らせて頂きます。

・回収のふとんは当店へのお持込みのみとさせて頂きます。

 

【確認方法】

    ふとんの側布地を外し、中身のわたを確認していただきます。

 

    わたがまだやわらかく生成色のものは、まだ状態が良いので再利用できます。逆にわたが変色していたり、硬い状態はとわたの繊維が劣化していますので、機械にかけて打ち直しをしてもヘタリが早くホコリも出やすいため再利用できません。使用していなくても湿気を吸って経年劣化でわたが傷んでしまう場合もあります。

【再生可能な状態の良い綿】


【劣化してしまった状態の悪い綿】


※判断できない場合は当店へお持ちください

こちらで中身のわたの状態を確認させて頂きます。

確認した結果、残念ながら回収できないものもありますのでご了承ください。

 その際ふとんの処分をご希望の場合は、焼却処分代として掛ふとん1枚300円、敷ふとん1400円頂戴します。